焼肉図鑑

食べ歩いた焼肉屋を記録しているブログ 日本全国の焼肉屋を食べ歩き記録することが目標

北海道札幌市 徳寿しんら亭 謎の調味料と共に食べる白老牛がうまくて驚いた

徳寿しんら亭

Address 北海道札幌市中央区南3条西5丁目14 三条美松ビル 2階

TEL   011-221-1910

最寄駅   狸小路駅

駐車場   無し

 

札幌市内で昼に焼肉食べたいな~と店を探していると、なかなかランチ営業しているめぼしい焼肉屋が無く途方に暮れていました。

狸小路にある徳寿しんら亭さんが少ない選択肢の中でも「良さそうかな」なんて軽い気持ちで利用したのですが、、、これが大正解。非常に美味しい焼肉屋でした。

 

札幌ローカル焼肉チェーンの「徳寿」

お店に入ってみてから気づいたのですが、徳寿って名前聞いたことあるな?とGooglemapに登録しまくっている焼肉屋情報を調べてみると、他のエリアの徳寿にピン刺ししていました。

 

この徳寿は札幌を中心に10店舗以上展開している焼肉屋で、いわば札幌ローカル焼肉チェーン。

 

北海道・札幌の市民の皆さんの焼肉欲を受け止めている偉大なお店の一つでした。

 

白老牛の名前がメニューには乱れ飛んでおりました

 

徳寿しんら亭のメニューには白老牛の文字が乱れ飛んでおりました。

 

白老牛は北海道の白老町のブランド和牛。

 

全国的にも近年認知度を上げており、近年ではその名を冠した焼肉屋が食べログの焼肉百名店に選出されたこともあります。

 

北海道という地に来ていて、これを食べない手はありません。

少し値段は張りましたが食しています。

 

 

白老牛だから!というわけかは分かりませんが、美味しい肉であったことは事実です。

 

頼んだコースではまず塩で味付けされている肉たちからスタート

 

 

個人的には焼肉のおける塩だけの味付けってあまり価値を見出せないんですよね。。。

もちろん「塩だれ」なら話は別なのですが、塩を振っただけって調理の放棄です。さほど良さは感じませんでした。

 

少し落ち込み気味の私の脳みそをガツン揺さぶってくれたのが、やっぱりタレ

 

あきらかにタレ

 

タレしか勝たん。

 

タレの肉が始まってからはイメージが一変します。

 

甘みのある脂に醤油が少し残るタレが良い感じで会います。この日の肉が良かったのか、恒常的にこのレベルの肉なのかは分かりませんが、とても良い正肉で脂と肉汁と肉繊維、そしてそこに加味されるお店の主張でもあるタレの味わい、この四重奏ともいうべき奏は私の口の中で至福の時間として記憶されました。

 

一番の最高潮は謎の調味料

 

でもですね、実はこのお店、おいしい「肉」をよかったのですが、それ以上に「タレ・調味料」が素晴らしくおいしかった。

 

四重奏で満足していたことが忘れ去られるほどに、謎の調味料と共に食べる肉たちがうまかった。

 

醤油を固めた?ムースのような調味料があるのですが、これが非常に秀逸で肉とも非常に合う調味料。

 

 

これと一緒に食べる焼肉というだけで価値がある。いや、価値があった。

やっぱり世の中にはまだまだ知られていない美味しい焼肉屋ってたくさんあるなと痛感しました。

 

後半に連れて満足度が高まっていったこともあり非常に高評価になりますよね、そりゃあ。

白老牛というアイテムにより北海道グルメとしても秀逸ですし、単純な焼肉としても非常に美味しかった。狸小路付近で焼肉を欲している際には、非常におすすめできるお店です。

おいしかった、ごちそうさまです。