焼肉図鑑

食べ歩いた焼肉屋を記録しているブログ 日本全国の焼肉屋を食べ歩き記録することが目標

東京都千代田区 生粋 よろにく系列と聞くが不思議と居心地が悪かった店

生粋(東京都千代田区外神田)

f:id:salesconsultant:20210305093609p:plain

Address 東京都千代田区外神田6丁目14−7

TEL   03-5817-8929

最寄駅   末広町駅

駐車場   無し

 

東京焼肉界だけではなく、日本全国の焼肉好きに知られる店として、南青山の「よろにく」は確実に名前があがるお店だとおもいます。

 

この生粋(なまいき)は、よろにくが送り出す系列店としては、赤坂みすじに次ぐ二つ目のお店になります。

 

よろにくと同じように、趣向をきかせた焼肉コースが主体で、店員が焼いてくれて、味は素晴らしいのに、、、

なんだか感じてしまう違和感、居心地の悪さ。

正体は急かされる接客にあると確信しました。

 

これは店が悪いのではなく、私の年齢と合わなかっただけです。20代~30代前半までの方にはすごくフィットするお店だと思います。

  

生粋ではコースをおすすめされますし、実際にお得感も強いです。

 

末広町の生粋では、最初のオーダー時にコースをおすすめされます。

 

これは、「よろにく」でも同様です。店員が焼いてくれ、サーブしてくれて、客は純粋に焼肉というジャンルで、コース料理を楽しむことができるお店なのです。

 

よろにくを利用される方には、いつも9,000円のコースをおすすめしていますが、生粋では6,800円のコースしか見当たりませんでしたので、こちらを頼みました。

 

内容としては

  • キムチ三種 ナムル三種
  • 赤身のお刺身
  • サラダ
  • ユッケのブルスケッタ
  • ハツ、赤身(ハラミでした)、タン昆布
  • 赤身(シンシンでした)
  • お吸い物
  • 和牛炙り握り
  • シルクロース
  • だしミスジ
  • ザブトンのすき焼き
  • そうめん
  • かき氷

と、かなりのボリューム。この6,800円のコース+ドリンク代金なので、一人1万円ほどで考えておくと間違いない価格設定だと思います。

 

食後の感想としては、これで6,800円は非常に安いです。

 

単純な焼肉ではなく、一つのコース料理の表現方法として焼肉を用いている店

 

よろにく系列の特徴としては、単純な焼肉を楽しむお店ではなく、

 

コース料理の表現方法として焼肉を用いている点ではないでしょうか。

 

はじめて利用する場合には、肉のカットや味付けの方法など、これまでの「焼肉概念」では理解できない、想像を上回る瞬間があると思います。

 

f:id:salesconsultant:20210305093646p:plain

オーソドックスな料理もあれば、 

 

独特なカットと食べ方をさせる料理もある。

タンは長くきって、

f:id:salesconsultant:20210305093832p:plain

 

塩昆布で食べる。

f:id:salesconsultant:20210305093905p:plain

 

全てご紹介してしまうと面白くないと思うので、これ以外の肉料理たちはぜひご自身で堪能してみてください。 

 

すごく急がされている感を一度でも感じてしまうとその後は楽しめない

 

実は、生粋で焼肉を食べて個人的には「楽しめなかった」のですが、その理由を考えると急がされている感覚を持ってしまったからだと思います。

 

とにかく、全局面で早く料理を食べることをすすめられます。

 

これはお店側としても仕方ないことだとは理解しています。

 

人気店が故に2時間制をとっており、2時間後にくる新しいお客の為には席を空けておかなければなりませんから。

しかし、それを考慮しても早すぎる料理提供は疑問を持ちます。

 

f:id:salesconsultant:20210305093932p:plain

 

コースの終盤に入ってのシルクロース提供時で入店から1時間でした。かなり急がされて食べていたことがわかります。

そこから急かす定員にもう少しゆっくり食べたいと伝えるも、やはり催促されて食べ終わって店を出たのは、入店から1時間47分でした。

 

お店側の肩を持つとするならば、コースの最後の肉メニュー前に追加オーダーを聞かれました。

ここで追加オーダーがたくさん入ってしまうと、2時間で席が空くかがわからなくなってしまいます。

 

そのため、出来るだけコース部分で短縮してオーダーを取っているのだと思うのですが、、、本末転倒じゃないですかね?利用者はどれぐらいの割合で追加オーダーするのか分からないので、なんとも言えませんが、目的が焼肉を堪能してもらって満足度を高める、ではなく2時間内に客を帰らせて、2時間後の客をしっかりと迎えるになっていると感じてしまいます。

 

そして、この急がされている感覚を一度でも感じてしまうとその後は全く楽しめません。

 

すべての言葉・メニュー構成が時間短縮につながっているからです。

 

ユッケ、炙りの握り → 生モノなのですぐに食べてください

焼いた肉 → 温かいうちに食べてください

そうめん → こしが強いそうめんなのですぐに食べてください

かき氷  → 溶けやすいのですぐに食べてください 

 

f:id:salesconsultant:20210305093957p:plain

 

お店の言っていることは全て正しいので文章にするとわかりにくいのですが、ここに店員さんの話し方を加えると、わたしが受けた感覚は多くの方が共感してくれると思います。

 

年齢が若めの方達にはすごくフィットする焼肉屋だとおもいます。

 

あーちょっと残念だな、、、と勝手に思っていたわけですが、あたりを見回すと自分の考えが少し偏っていたことに気付きました。

 

若い人たち(見た目20代~30代前半ほど)は、急かされること無く肉を消費していっています。つまり、店側のスピードにすごくあった食欲をしているのです。

 

当然このお客様たちは利用していても、急がされているとは感じないと思います。むしろすごく良いスピード感で焼いてくれる優良店と感じているかもしれません。

 

価格帯も「よろにく」から一段階下げていることを考えると、このお店は若い人用の焼肉屋。と理解し直すと合点がいきます。

 

若い方や、食べるのが早い方にはおすすめできるお店と記させてもらいます。